つむかめ舎

オールドレンズとフィルムカメラで気ままに写真を撮る人のブログ

フルサイズとAPS-C

f:id:tsumucame:20191014230316j:plain

何の花かな?

 

FUJIFILM X-T3

HELIOS-44M-4 2/58

フィルムシミュレーション:エテルナ

ホワイトバランス:電球

ISO400・f2.8・1/250

 

 

 

このレンズの特徴の一つにぐるぐるボケがあるのですが、

SONY α7RⅡはフルサイズ、X-T3はAPS-Cなので

ボケの程度と言うのでしょうか、現れる量に差があります。

 

X-T3で撮ると、周辺が大きくぐるっとしてる感じですが、

α7RⅡだと盛大にぐるぐるします。(語彙力がない)

もちろん撮影条件でも変わりますが、X-T3の方が見やすいぐるぐるボケかな、と言う印象。(あくまで個人的な感想です)

 

つむ。

記事も写真も題名をつけるのって難しい

f:id:tsumucame:20191013151950j:plain

エメラルドグリーンと自転車

 

FUJIFILM X-T3

HELIOS-44M-4 2/58

フィルムシミュレーション:エテルナ

ホワイトバランス:電球

ISO400・f2・1/1000

 

 

 

記事の中身も難しい。

いろんな写真ブログを拝見させていただいているのですが、

みなさん写真も記事の内容もタイトルも魅力的。

 

写真の技術的なことも語れないし、面白い文章も書けない私は

ただただ写真を載せていくだけなのでした。

 

でも、記事も写真も題名つけるのすらままならないのである。

 

 

つむ。

なんでオールドレンズ使うのか

f:id:tsumucame:20191012132012j:plain

フレアとゴースト

 

FUJIFILM X-T3

HELIOS-44M-4 2/58

フィルムシミュレーション:エテルナ

ホワイトバランス:電球

ISO400・f2・1/1000

 

 

 

オールドレンズはクセがあって、そこが好きと思っています。

クセというのは、フレアやゴースト、周辺減光、収差(歪みや流れ)、パープルフリンジなどいろいろありますが、それはクセではなく欠点でしょ、と言う人もいます。

(もちろん、オールドレンズじゃなくても撮影条件によって現れます)

 

SONY α7RⅡを使ってオールドレンズを楽しんでいた頃、

「いいカメラなのに、なぜあえて欠点のあるレンズ(オールドレンズ)を使うの?」

「インスタグラムで流行っているから使ってるんでしょ」

なんて言われたこともあります。

 

私の答えはこう。

「自分の撮りたい写真が撮れるレンズが、オールドレンズだっただけ」

ホワホワっと滲んだような、彩度が低くて周辺減光したり、フレアやゴーストが入るようなそんな写真を撮れるのがオールドレンズだった、ただそれだけ。

彩度高めのトイカメラで撮った写真みたいに写せるのがオールドレンズであった、ただそれだけ。

 

写真を本格的に始めた時から、撮りたい写真は決まっていたのです。

好きな写真が撮れるレンズを探して厳選していったら、オールドレンズばっかりになっちゃったって言うだけなんだよなぁ。

 

 

つむ。

 

 

加工、調整なしで透明感ある写真を撮ってみよう

f:id:tsumucame:20191011125005j:plain

秋の花

 

FUJIFILM X-T3

HELIOS-44M-4 2/58

フィルムシミュレーション:エテルナ

ホワイトバランス:電球

ISO400・f2・1/500

 

 

 

最近、透明感ある写真にはまっています、どうも。

今まではエテルナで撮影し、

 ・露出を上げる

 ・青味(色温度を下げめに)を足す

 ・彩度を下げる

という調整をして(場合によってはフィルターを使うことも)

自分の求める透明感を出していたのですが、今回は一切調整せずの撮って出しです。

 

<今回の撮影条件>

 ・お天気のいい日の夕方(基本的に逆光を意識)

 ・色褪せ感を出すためにオールドレンズを使用

 ・さらなる色褪せ感を狙い、フィルムシミュレーションはエテルナ

 ・青味を出すためにホワイトバランスは電球

 ・白とびしすぎないくらいのISO、絞り、SSをマニュアルで都度設定

 

結果としてはなかなか良い感じかと!

透明感、出てる気がませんか?

眩しすぎてうまくピントが合わせられていない気もしますが…

まだまだ試行錯誤が必要ですが、ちょっとずついい設定を見つけていければと思います。

 

 

つむ。

公園にあるもの

f:id:tsumucame:20191010130620j:plain

からふる

FUJIFILM X-T3

FUJIFILM XF35mm F1.4R

フィルムシミュレーション:エテルナ

ホワイトバランス:太陽光

ISO400・f1.4・1/500

 

 

 

公園の遊具とかって、写真に撮りたくなります。

最新式?のかっこいいのもいいんですが、昔からあるような

ずっと子供達に遊ばれてきたんだろうな、っていう遊具が好き。

 

これはベンチなのか飛んで渡る遊具なのかわからないんですけどね。

 

 

つむ。

 

レンズが欲しい

f:id:tsumucame:20191009133107j:plain

積み重なるもの

 

FUJIFILM X-T3

FUJIFILM XF35mm F1.4R

フィルムシミュレーション:エテルナ

ホワイトバランス:太陽光

ISO400・f1.4・1/250

 

 

 

F1.4の単焦点レンズを使ってスナップ写真を楽しんでいます。

以前持っていたFUJIFILMのレンズは手放してしまっていたので

新たに買い足したレンズなのですが、F1.4でこのコンパクトさはすごいなぁと

スナップを撮りながら感心しております。

 

手持ちのレンズはほぼオールドレンズのため、単焦点レンズしか持っておりません。

スナップを撮る分には単焦点レンズは使いやすいのですが、

ズームしたい!(近寄れないから)と思うことがままあるのです。

 

ズームレンズ欲しいな。買うならこれくらいズームできるやつが欲しい。

 

マクロレンズも欲しいな。ググッと近寄りたい時もあるから。

 

物欲が積み重なるに連れ、出費も積み重なっていくのです…

レンズ貯金始めるかな。

 

つむ。

「色褪せ感+青味=透明感」って今は思ってます

f:id:tsumucame:20191008085525j:plain

丸窓からこんにちは

 

FUJIFILM X-T3

FUJIFILM XF35mm F1.4R

フィルムシミュレーション:エテルナ

ホワイトバランス:太陽光

ISO400・f2.8・1/1000

 

 

 

透明感を出したくて、加工に少しずつ手を出しています。

もちろん、加工しなくても透明感のある写真を撮れるようになりたいのですが。

昨日の写真は一切加工していないですが、自分好みの透明感が出ておりました。

 

今日の写真はこれくらい加工しております。

f:id:tsumucame:20191008090906j:plain
f:id:tsumucame:20191008085525j:plain
左:加工前  右:加工後

 

元の写真も十分好きなのですが、MacBookの写真アプリの編集機能を使って

彩度を少し落としつつ、フィルタで補正をかけています。

こう見ると加工前の方がいい感じ…?

 

まだまだ試行錯誤が必要ですね…

 

 

つむ。